ウーマシャンプーは医薬部外品であっても育毛効果があるわけではない

ウーマシャンプーは医薬部外品であっても育毛効果があるわけではない

 

医薬部外品と聞けば『おっ、育毛効果が高そう!』と薬と同じようなイメージを持っている人も多いと思います。しかし、医薬部外品とは育毛効果があることが認められているというわけではありません。

 

ウーマシャンプーが医薬部外品として認定を受けたのはつい最近の事でもともとは医薬部外品ですらありませんでした。そして、医薬部外品の認定を受けた当初は『厚生労働省認可』という文言が公式ホームページに掲載されていました。(今はその文言がなくなっています。)

 

配合されている成分自体は変わっていないのに『医薬部外品』として認定されてたということはどういうことなのでしょうか?

 

医薬部外品とは育毛効果を認めているわけではない

スカルプケア商品は薬事法により化粧品という扱いで分類されているのですが、その中で厚生労働省が効果を認めた成分を配合している場合には薬事法により医薬品や医薬部外品などのランクがアップするようです。

 

そして、スカルプケア商品は医薬品・医薬部外品・化粧品の3つにランク分けがされています。

 

医薬品とは『治療』を目的とした薬の事で、厚生労働省が認めた成分を配合していることが必要となります。例えば、有名なリアップX5という育毛剤はミノキシジルという有効成分を配合していることから医薬品に分類されています。この医薬品に分類されると『発毛効果がある』とハッキリと明言することが出来るようになります。

 

化粧品とは『清潔に保つ』事を目的として使用されるもので市販されているシャンプーはほとんどこの化粧品に分類されます。化粧品になると「状態を良くする」という効果はなく、あくまでも維持レベルでしかないので『効果がある』と言ってしまうと薬事法違反になります。

 

そして、医薬品と化粧品のちょうど中間に分類されるのが医薬部外品です。医薬部外品は医薬品ほどの効果がないまでも緩やかな効果が期待できる成分が配合されており、それを厚生労働省が認可した場合に医薬部外品として表記することが出来るようになります。

 

育毛効果がないのになぜ医薬部外品となれるのか?

スカルプケアシャンプーの中にはウーマシャンプーの他にスカルプDも医薬部外品として認可を受けていますが、要するに厚生労働省が効果が期待できると認めた成分を配合していればどんなシャンプーでも医薬部外品として認定を受けることが出来る可能性があるという事です。

 

ここで重要なのは、“厚生労働省が効果を認めた成分を配合している”という事であって“厚生労働省がウーマシャンプーの効果を認めた”わけではないという事です。

 

しかも、スカルプシャンプーでは医薬部外品として認定を受けているシャンプーは少ないかもしれませんが、育毛剤であれば基本的にほとんどの育毛剤が医薬部外品に認定されています。

 

その上、仮にウーマシャンプーに緩やかな育毛効果が期待できる成分が配合されていたからと言って、あくまでもシャンプーなので最終的には頭皮に浸透する前に洗い流してしまうので育毛効果が実感できるはずもありません。

 

もし、洗い流しても効果があるのであれば洗い流さない育毛剤はもっと効果があるということになると思います。それに、ウーマシャンプーを販売するゼロプラスという会社の商品ラインナップにはウーマフリードという育毛ローションが販売されていることからもウーマシャンプーに育毛効果がないことはメーカーも織り込み済みというわけです。

 

何より、どのスカルプシャンプーにも言える事なのですが、そもそもスカルプシャンプーで薄毛を予防・改善することが出来るのであればこのように育毛剤が存在する意味がなくなるということを考えると、例えそれが医薬部外品に認定されているスカルプシャンプーだったとしても育毛効果がないことは歴然ですね。