MENU

馬油シャンプーがアトピー性皮膚炎に良い理由とは?

馬油シャンプーがアトピー性皮膚炎に良い理由とは?

ヘアケア・スキンケアに詳しい方なら馬油を使用したケア商品が良いと聞いたことがあるかもしれません。例外ではなく、馬油シャンプーはアトピー性皮膚炎の方にもいいんです。

 

その理由は馬油の不支持な力にあります。

 

アトピー性皮膚炎の方はシャンプーによる頭皮の乾燥や刺激に悩んでいる方も多いと思います。そんな方たちの為に馬油が持つ不思議な力を分かりやすく解説し、なぜアトピー性皮膚炎にもいいのかをご説明します。

 

そもそも馬油ってな〜に?

馬油(ばあゆ)とは字の通り、馬の脂肪から採取した油のことです。馬油は人間の皮脂に最も近い成分である為、肌への吸収率が極めて高く、肌を保湿するうえではこの上ない成分のです。

 

そういった理由から、馬油は火傷や肌荒れ、ひび、あかぎれ、切り傷、痔などの民間療法の万能薬として長年使われてきた経緯があります。

 

なぜ馬油シャンプーはアトピー性皮膚炎に効果的なのか?

アトピー性皮膚炎になった肌は極端に肌のバリア能力が低下している状態になっています。なので、外部からの刺激に敏感で、肌内部の水分も保てないので肌が乾燥し、肌内部で絶えず炎症が起こっている状態になっています。

 

このようなダメージを受け続けている肌の再生・修復するサポートができるのが馬油シャンプーです。馬油シャンプーを使うことで表面に油膜ができ外部の刺激から肌を保護するとともに、肌の保湿も行ってくれます。

 

又、肌に浸透した馬油成分が炎症を起こしている肌内部の炎症を鎮め、新陳代謝を促してくれるので肌のバリア機能を取り戻してくれます。

 

まとめ

馬油シャンプーは皮脂によく似た強力な浸透力をもつ成分が配合されており、アトピー性皮膚炎などの肌のバリア機能が低下し、肌が炎症を起こしているような方にはおすすめのシャンプーだといえます。